物件を買いたい

LINE

ローンの返済ができない(任意売却)

  • HOME
  • ローンの返済ができない(任意売却)

ローンの返済ができないとお困りならば任意売却を

ローンの返済ができないとお困りならば任意売却を

「住宅ローンの支払が厳しい」「会社が倒産してローン返済を滞納している」ということであれば、急いで「任意売却」をご検討ください。

ローン返済が滞り放置してしまうと、金融機関からの督促状・催告状が届き、最終的に差し押さえ・競売という最悪の形になってしまいます。競売では物件が相場の3~5割り程度で売り出されてしまうので所有者様にとって良い結果となりません。

ローンの返済ができないとお困りならば任意売却を

そこで活用したいのが任意売却です。物件をほぼ相場に近い価格で売却でき、売却金はローンの返済に充てることができます。場合によってはそのままローン完済も可能です。

まずは任意売却の仕組みについて理解し、任意売却が可能となる期間について鹿児島市で不動産売却・マンション売却を手がける㈱住まいネット / 売マンションなびがご説明していきます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 会社の倒産により住宅ローンが支払えない
  • 大病を患い働けず住宅ローンの支払いが厳しい
  • 住宅ローンをもう3ヶ月滞納してしまっている
  • 住宅ローンが厳しく消費者金融から借りてしまっている
  • 離婚し不動産を処分したいが住宅ローンが残っている
  • オーバーローンで不動産売却ができなくなっている
  • 不動産会社と交渉したが話を聞いてもらえない状態
  • 金融機関から競売開始の通知が届いてしまった

不動産の任意売却なら、このようなご事情やお悩み解決できるかもしれません。3~5割価格が下がる競売と違って市場価格に近い価格で不動産を売却できる可能性があります。

任意売却には実行可能な期間に限りがありますので、ぜひ早めにご相談ください。

ローンの返済に困っているなら任意売却

ローンの返済に困っているなら任意売却

「住宅ローンの支払が厳しい」「すでに滞納してしまっている」などのお悩み・問題は「任意売却」の検討など早めの対処が大切です。そのまま放置してしまうと大きく損をすることになります。

住宅ローンを組む際には物件に「抵当権」がつけられます。抵当権とは担保のことで何らかの理由で借主が債務不履行となったときに差し押さえできる権利のことです。滞納が続いた場合は強制的に物件を競売にかけられてしまい、その売却金額がローン一括返済の原資に充てられます。

ローンの返済に困っているなら任意売却

「競売による不動産売却金額は市場価格と比べて3~5割ほど安くなる傾向にあります。状況にもよりますが、競売での売却金額ではローンの残債すべてを支払えないことがほとんどです。つまり、競売ではローン問題がほぼ解決できないどころか、住宅まで失ってしまい状況が悪化してしまうのです。

「任意売却」は債権者=金融機関等と話し合って競売を回避し、お手持ちの物件を市場価格と同等の条件で売却できる可能性のある方法です。
不動産を市場価格に近い価格で売却することができるので、その売却金をローン残債に充てて一括返済することも可能となります。

ローンの返済に困っているなら任意売却

任意売却では法的な知識はもちろんのこと、債権者との交渉力がとても重要になります。そのため、任意売却は実績のある不動産会社に相談するべきです。

㈱住まいネット / 売マンションなびは任意売却実績多数、知識・経験豊富な専門家がご対応いたします。競売にかけられる前に、ぜひ一度ご相談ください。

任意売却のメリットとは?

任意売却は競売と異なり、以下のようなメリットがあります。

売却時の各種費用負担がない 不動産売却では仲介手数料や抵当権抹消手続き、税金などさまざまな費用がかかります。
しかし任意売却ならばこれらの費用は債権者負担となります。
引越し費用を得られる可能性がある 競売では売却金額は原則すべて返済に充てられます。
一方、任意売却ならば債権者との交渉によって売却金額から引越し費用や生活費などを捻出できる可能性があります。
適正な市場価格で売却できる 競売の場合、物件は市場価格の3~5割の価格で売却されるのが一般的です。
任意売却の場合はほぼ市場相場で売却可能です。
残債の返済を計画的に行える 任意売却では物件を市場価格に近い価格で売却でき、競売よりも多くの現金をローン返済に充てることができます。
もちろんそのまま完済も可能です。ローンが残ってしまっても、債務者の収入・生活状況を考慮し無理のない返済ができるよう、専門家が債権者との交渉を行います。任意売却では給与差し押さえなど最悪の事態もほぼ回避可能です。
プライバシーを守れる 競売になると裁判所や業界紙に情報が公開されますので、知人に知られる可能性大です。
また、競売執行官が物件の確認等を行うためご近所にも知られる可能性もあるでしょう。
任意売却は裁判所や業界紙に情報公開されることはありません。
また、不動産会社はプライバシーを守ることを優先しますので、周囲に知られる可能性は限りなく低いです。
売却後も住み続けることが可能 競売の場合、売却後はその物件からは基本的に強制退去しなくてはいけません。
任意売却ではご親戚や知人に物件を買い取ってもらうことができ、買主が許可すれば売却後もそのまま住み続けることも可能です。
専門家に任せることができ精神的に楽 ローンの滞納から競売にまで問題が発展してしまうと精神的に追い込まれかなり辛くなります。
しかも、競売ではローンを完済できないことも多く、将来の不安はかなり大きくなるでしょう。任意売却は個人で行うのは難しいですが、専門家にすべて任せてしまうことができます。不動産査定・債権者との交渉・物件の販売活動までスムーズに進めることができるでしょう。一度任せてしまえば精神的にも時間的にもかなり楽になるはずです。

競売と違って任意売却は多くのメリットがあります。手遅れになってしまう前にまずは一度、任意売却実績が豊富な㈱住まいネット / 売マンションなびにご相談ください。

任意売却のデメリット
債権者が同意しない可能性がある 必ずしも債権者=金融機関が任意売却を認めるわけではなく、競売を推し進めてくるケースもあります。認めない理由にはさまざまなことが考えられますが、金融機関からの督促状や催告状を無視し続けているとこのような事態になりやすいです。任意売却を成功させるためにも、返済の意思があることは伝えるようにしましょう。
個人での手続きはかなり難しい 競売は債務者が何もしなくても強制的に事が進むため、実質何もできません。任意売却は債権者の交渉や物件購入希望者とのやりとり、売却の各種手続き・費用の支払いなどやることがたくさんあります。知識のない個人で行うことはかなり難しく、時間も手間もかかるでしょう。
不動産会社の力量にかかっている 任意売却の成否は債権者との交渉で決まります。不動産会社に依頼する場合、その担当者の力量次第では失敗する可能性もあるでしょう。任意売却を依頼する不動産会社は慎重に選ぶ必要があります。

任意売却はメリットの多い決断ですが、このようにデメリットや懸念点もあります。とはいえ、債務者ご自身の真摯な対応や実績・信頼のある不動産会社に依頼すればこうしたデメリットはほぼ回避できるでしょう。

任意売却をお考えならば、ぜひ知識と経験豊富な専門スタッフのいる㈱住まいネット / 売マンションなびにご相談ください。

任意売却が可能な期間

任意売却が可能な時間は限られており、それをすぎると競売へと進まざるを得なくなります。以下に任意売却が可能な期間をまとめましたので、ご自身がどの段階にあるのかをご確認いただき、できる限り早いご決断をしてください。

1.金融機関から督促状が届く(通常郵便)
2.金融機関から催告状が届く(内容証明郵便)
3.金融機関から「期限の利益の喪失」通知が届く
※期限の利益とは返済の猶予期間のこと。それを喪失したということで、債権者は分割払いを認めず一括払いを求めるという形になります。
4.金融機関はローン保証会社に代位弁済を要求
債務者はローン保証会社から一括返済を要求される
※この時点で債権者は金融機関からローン保証会社に変わります。
5.返済が確認できなければ、ローン保証会社が競売の申し立てを行う
6.競売の申し立てを受け、裁判所から競売開始の「決定通知」が届く。物件はその時点から差し押さえ状態になる。
※差し押さえられてしまったため、ここから物件の自由な売却はできなくなります。
7.裁判所の執行官が競売物件確認のために現地調査を行う
8.裁判所から「入札期間の通知」が届く。
開札期日も明記されており、任意売却をするならこれまでに行わなくてはいけない。
※開札とは入札箱に投函された入札書を開封すること
9.競売の入札開始
10.開札
※落札者が決定し次第、物件からは強制退去となります。

任意売却と競売との比較

任意売却と競売ではその性質上数多くの違いがあります。まずはその違いをご確認ください。

競売 任意売却
予想される売却価格 市場価格の3~5割程度 ほぼ市場価格に近い
売却金で返済できる金額 売却額が低いため少ない 売却額も高めで多く返済しやすい
手元に現金が残るか ほぼゼロ ある
残債務の交渉可能性 できない 交渉により無理のない再計画を立てられる
引越し費用を残せるか 残せない 残すことも可能
資金の持ち出し 基本的にはなし なし
プライバシー 情報公開されるため、近所や職場に知られる可能性がある 任意売却と知られずに売却可能
退去日 裁判所から強制執行もある 事前に協議しお互い合意できる日を決定できる
手続完了までの期間 比較的長め 比較的短め

ローンの返済に困っているなら任意売却

このように、任意売却は競売と比べて圧倒的に有利・メリットのある方法です。専門家に依頼してしまえば難しい交渉事や手続きも一任できますので精神的にもかなり楽だと言えるでしょう。

住宅ローンの支払いが厳しい、督促状がきてしまっている、とお悩みの方はぜひ㈱住まいネット / 売マンションなびにご相談ください。

任意売却は競売と違ってさまざまなメリットがあり、物件所有者様にとってよい結果になることがほとんどです。
「ローン返済が厳しい」「競売通知が来た」とご自身だけでお悩みになるのではなく、ぜひ弊社にご相談ください。競売を回避し任意売却を始めとしたお客様にとって最適なご提案をいたします。

皆様のお悩みをぜひお聞かせください。

go to top

LINEでの簡単なやりとりで無料査定できますLINEでカンタン!不動産査定

LINEでカンタン!不動産査定