物件を買いたい

LINE

できるだけ「高く売りたい」(仲介売却)

  • HOME
  • できるだけ「高く売りたい」(仲介売却)

できるだけ「高く売りたい」ならば仲介売却がおすすめです

できるだけ「高く売りたい」ならば仲介売却がおすすめです

「不動産を現金化したい」「物件・土地を少しでも高く売りたい」とお望みならば「仲介売却」がおすすめです。

不動産売却にはいくつか方法がありますが、市場ニーズに合わせつつお客様の金額的なご要望を限りなく実現するためには仲介売却がもっとも適しています。

仲介売却とはどのような売却方法なのか、そのメリット・デメリットや契約の種類による違いなどを、鹿児島市で不動産売却・マンション売却を手がける㈱住まいネット / 売マンションなびが詳しく解説いたします。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 転勤するため現在の住居は売却したい
  • 子供が成長し家が手狭になったので広い家に住み替えしたい
  • 離婚による財産分与で物件を売却したい
  • 住宅ローンが苦しく物件売却で完済したい
  • 不動産を相続したが遠方で使う予定がない
  • 入居者が埋まらないアパートを売却処分したい
  • 現在使っていない不動産資産を整理したい
  • とりあえず持ち家の売却価格の相場を知りたい

お客様によって抱えているご事情やお考えはそれぞれで、不動産売却の理由もさまざまです。もし「急ぎではないがなるべく高く売却したい」「現金が必要で少しでも高いほうが良い」とお考えならば「仲介売却」をおすすめします。

㈱住まいネット / 売マンションなびではお客様のご事情やご希望をじっくりお伺いした上で、より最適な売却方法・売却価格をご提供いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

高く売りたいなら仲介売却がおすすめ

高く売りたいなら仲介売却がおすすめ

「仲介売却」は不動産売却において一般的な方法です。プロである不動産会社が売主様・買主様の間に立ち、不動産売買をスムーズに成立させます。

不動産売買は売主様・買主様ともに「人生でそう多くない経験」であることがほとんどです。商品価格が高額である上に、お互いに不慣れであることから販促はもちろん取引もスムーズに行えず、トラブルなどが発生することも少なくありません。広告や宣伝をしようにも、費用が思ったより高かったりたくさんの時間が必要だったりと、不慣れな個人では難しいものです。せっかく「売りたい」と思っても、知識や経験がないとなかなかうまくいきません。

高く売りたいなら仲介売却がおすすめ

そこで活用したいのが不動産仲介売却。知識と経験豊富なプロに任せることができるので面倒事もトラブルも一切心配いりません。地元に強い不動産会社ならばエリア特性も熟知していますので、適正価格で効率よく販促活動を行えます。もちろん契約成立時の面倒な手続きも一任可能です。

これだけ楽ができてかかる費用は仲介手数料のみ。もちろん広告宣伝費などの諸経費は不動産会社がすべて負担します。広告宣伝に走り回る時間も必要ありませんので、そういった意味では売主様にとってお得かつメリットがあるといえるでしょう。

不動産はプロに任せてスムーズ&適正価格でご売却。ぜひ不動産仲介売却を検討してみてください。

仲介売却のメリットと注意点

仲介売却のメリット

仲介売却はさまざまなメリットのある不動産売却方法です。特に大きなメリットとしては売主様が売却価格を設定できる、という点。少しでも高く売りたいという方に向いている不動産売却方法と言えるでしょう。

納得できる価格で売却することができれば、

  • 不動産売却代金をローン返済に充てることができる
  • 売却代金を新居購入費や老後の蓄えなどに使用できる
  • 不動産を現金化すると遺産分配でトラブルが起きにくくなる
  • 手元に現金が手に入るので賃貸に回すよりもリスクが低い
  • 売却することで不動産の維持の手間や管理費がかからなくなる

こういったメリットが生まれます。

もちろん買主様が見つかるまでは時間がかかるかもしれません。しかし、最近ではIT技術の進歩や普及によりネット広告でスピーディーに購入希望者が見つかるようになってきています。また、補助金の整備やリフォーム技術向上により物件価値を高めやすくなっているなど、より短期間で、よりお得に、より高く、不動産売却しやすい環境が整ってきています。

ぜひ弊社へお気軽に仲介売却についてご相談ください。

仲介売却の注意点

仲介売却の注意点

仲介売却にはさまざまなメリットがありますが注意点もあります。仲介売却の場合、購入希望者がなかなか現れず「物件売却まで時間がかかる」というリスクがあります。

不動産売却はいくら売主様が売りたいと思っていても、買主様が現れなければ成立しません。購入希望者様がいたとしても、条件・ご都合が合わず契約に至らないことも珍しくありません。

また、いざ購入希望者様が現れた時には内覧準備・内覧立ち会いといった物理的な手間も生じてきます。

仲介売却の注意点

なるべく早く売却したいならば、仲介売却は地元に強く地域相場に精通した不動産会社に依頼しましょう。信頼感ある不動産会社であれば物件価値の見極めはもちろん、地域のニーズを踏まえて「少しでも高く、そして売れやすい査定額」を算出してくれます。

また、信頼できる不動産会社ならば内覧時も付添いをしてくれますし、購入希望者様への対応や売り込みもスムーズに行ってくれるでしょう。

仲介売却における媒介契約

仲介売却のメリット

不動産売却を仲介する不動産会社との間で交わす契約を「媒介契約」と呼びます。これは宅地建物取扱業法によって交わす契約であり、不動産業者は媒介契約書を交付することが義務付けられます。また、契約期間は原則3ヶ月でご依頼者様が希望すれば更新可能です。

媒介契約には3種類あり、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の中からひとつを選び契約します。

専属専任媒介契約

特定の不動産業者1社のみと、文字通り専属契約を結ぶ形を「専属専任媒介契約」と言います。

  • 複数業者に不動産売却を依頼できない
  • 個人で購入希望者を探し売買することができない

売主様側にはこういった制約があります。万が一これを違反した場合は専属専任媒介契約を結んだ業者に違約金を支払わなくてはいけません。

不動産会社側は契約を結んだ側は以下のことが義務付けられます。

  • 契約後5営業日以内に指定流通機構に物件を登録
  • 1週間に1回以上の売却活動報告
  • 別業者と売買契約を結ぶ際には違約金が必要

このように、専属専任媒介契約は売主様にとって制約・義務がある一方で、不動産会社側も拘束力の強い契約となっています。そのため、売主さまにとってはスピーディーな対応・細やかな報告を不動産会社に求めることができるメリットがあります。

専任媒介契約

特定の不動産業者1社に不動産売却を依頼するとともに、売主様個人でも購入希望者を探すことができる契約形態を「専任媒介契約」と言います。この契約形態には以下のような特徴があります。

  • 売主様自ら見つけた購入希望者と売買契約を結べる
  • 上記の場合は媒介契約履行手数料が取られる可能性がある
  • 別業者と売買契約を結ぶ際には違約金が必要

専任媒介契約を結んだ不動産業者側は以下のことが義務付けられます。

不動産会社側は契約を結んだ側は以下のことが義務付けられます。

  • 契約後7営業日以内に指定流通機構に物件を登録
  • 2週間に1回以上の売却活動報告

このように「専任媒介契約」は前述の「専属専任媒介契約」と後述する「一般媒介契約」の間をとった形です。スピーディーさとともに自由度もそれなりにあると言えるでしょう。

一般媒介契約

複数業者と媒介契約を結ぶことができ、売主様個人でも購入希望者を探すことができる契約が「一般媒介契約」です。以下のような特徴があります。

  • 売主様自ら見つけた購入希望者と売買契約を結べる
  • 専属、専任のように違約金の発生可能性はない
  • 売買契約が成立した際には依頼業者(複数あればすべて)に知らせる必要がある
  • 明示型(他社と契約を結んでいるか明らかにする)と非明示型(他社との契約を明らかにしない)がある

一般媒介契約は売主様にとって「購入希望者を幅広く探せる」自由度が高い一方で、不動産会社側も拘束力が弱くなります。指定流通機構への登録義務もありませんし、依頼者に報告する義務もありません。そのため売却期間が長引く可能性があります。

不動産流通機構「レインズ」について

REINS(Real Estate Information Network System)とは「不動産流通標準情報システム」のことで、全国の物件情報が登録された不動産会社共通のデータベースです。お客様から売却したい物件情報を得た業者は、数日以内にレインズに登録する決まりになっています。

不動産の購入や売却を取り扱っている全国の不動産業者が、お客様に安心できる不動産情報をご提供することを目的として、1990年に設立され、運営は国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構になります。

物件の売却を依頼された不動産会社は、レインズに物件情報を登録します。これを見たほかの不動産会社は、売却情報を登録した不動産会社から物件の資料を取り寄せて、自社の購入希望者に情報をご提供する仕組みとなっているため、多くの買主に周知をすることにつながります。

弊社はレインズに参加していますので、安心して売却をお任せください。

「経験」があるからこそ、わかるお客様の気持ち

「経験」があるからこそ、
わかるお客様の気持ち

㈱住まいネット / 売マンションなびは「お客様の気持を理解する」ことが大切だと考えています。

実は弊社の営業スタッフは全員が「不動産の売却」を経験しています。実は不動産会社の営業マンでも、自分で不動産を「買った」経験はあっても「売った」経験がある人は少ないのです。弊社営業スタッフは、複数回にわたって不動産を「売る」「買う」経験をしています。スタッフそれぞれが顧客としての立場にたったことがあるからこそ、想像や推測ではない本当の意味での「お客様のお悩み・不安」を理解することができるのです。

売り手の経験があるから、根拠のあるご提案ができる。これが住まいネットの強みです。

こうしたモットーで弊社はお客様に寄り添った活動を進めてまいります。まずは一度、弊社にご相談ください!お客様のお悩みがわかるスタッフだからこそ、より親身にお話を伺うことができます!

go to top

LINEでの簡単なやりとりで無料査定できますLINEでカンタン!不動産査定

LINEでカンタン!不動産査定